大馬鹿企業リコーマイクエレクトロニクス株式会社



僕がリコーマイクロエレクトロニクスに電話をかけても担当者に取り次いでもらえない。
そこで他人を装って電話をかけると担当者に取り次いでくれた。
「この問題は全て弁護士に一任している」そうだ。

僕が知らないところで弁護士をつけているとは・・・

いくらリコーマイクロエレクトロニクスに電話をかけても取り次いでもらえないので
2009年、直接リコー行った。

守衛は「帰ってください」と言われました と言った

守衛が出てきて「9年いるけど、こんなことは初めてです」と苦笑していた。

リコーマイクロエレクトロニクスとは話ができない状態だ。

鳥取市役所人権推進課によると
リコーは「本人に言っても分からないから第三者に言う」と答えたそうだ。
僕本人に黙っていて、第三者に言うとは気味が悪い。

TOPへ